So-net無料ブログ作成
検索選択

イヤシロチ [神秘]

実は家探しをしています。
またぁ〜!?えええ、そうですとも。
いったい、こんなこと何年してるんだって感じですが、家というのは高価な買い物です。
そして、一日の大半を過ごす場所ですもの。やっぱり大事です。

しかし、今回は今までにないくらいの出会いが訪れています。
ひょっとして本当に家を持つことになるかも・・・
そうなったらここでもまた体験記を書きたいと思います。

さて、そんなわけで見学会ってものにも時々参加しています。
その中で先日施主さんが非常に家の空気に拘っているお宅にお邪魔しました。
珪藻土の壁というならそんなに珍しくもないのですが、その方はなんと九州の火山灰の砂を使っているそうで、これはただ呼吸する壁というだけでなく、吸った空気を化学分解して無害にするんだとか。
いやぁ世の中いろいろあります。

そのこだわりの施主さんから「イヤシロチ」のパンフレットをいただきました。
はじめて聞くその名前に??だったのですが、帰って読んでみるとこれがまた面白いんです。
簡単にいえば、神社やパワースポットといわれる場所は必ずといっていいほど、イヤシロチに建てられているということで、磁場が安定していてそこに行くと気持ちが落ち着くような場所です。
で、自分の家の土地をその「イヤシロチ」つまり磁場の安定した状態にするために、地中に炭を埋めるという方法があるらしいのです。

話は変わりますが、以前勧められて銅板岩盤浴に行ってきたことがあります。
受付兼休憩場所の建物に入った瞬間にすごく気持ちよかったので、その理由を伺ってみると、
なんと壁に抗酸化剤を塗っているというのです。
3年前に置いた食パンがまだカビずの状態でありました。(実験のためですけどね)
これを知ったときに、いつか自分の家を造る時はこの抗酸化剤を塗ろうと決めました。

話は戻って、その施主さんは私のさらに上を行っていて、凄い抗酸化パワーのセラミックの粉を家の隅々に塗ってあるということで、驚きました。

そのお宅で初めて電動式の床下収納を見せてもらいました。パナソニックでした。
和室のたたみ一畳がスイッチを入れるとウィーンとあがってくるので、びっくり。
下には巨大な収納スペースが現れてまたまたびっくり。

ほんと見学会に行くのって楽しいですね〜

建て売りを見に行くとがっかりして帰ってくることがほとんどですが、こういうこだわりをもった施主さんと工務店が建てる家っていうのは面白いんです。
工務店によってこだわりがあったり、得意な家というのがあってそれを見るのも勉強になります。
果たして自分たちがどんな家に住みたいのか・・・
わかっているようで以外と気づいてないことが多いです。
他のお宅に行ってみて初めて、私はこうしたいとか出てくることもあります。
今読んでいる「子育てママの家づくり」って本は、参考にしたい事例がたくさんあります。

さて明日からはオープンキャンパスで仙台へ行ってきます!
その足で香川県へ!!歌ってきます〜うどんも食べたいっ。

フライング入院 [神秘]

時をさかのぼって去年の4月からのお話を書こうと思ったのですが、今回はまず出産について書いてみたいと思います。
(忘れないうちに・・・^^)

出産予定日は4月7日と言われていました。
で、私自身この辺りには産まれてほしいなぁというのもありました。
というのも、
「出産後一ヶ月はしんどいし、誰か手伝ってくれる人がいたほうがよいよ。」
と保健婦さんや助産師さんに言われていたので、旦那様にだいぶ前からお願いしていたのです。

「ねぇ、男性も育児休暇取れるらしいよ!一年取ってくれへん?」
旦那様の会社は、人事にいる友人曰く、専業主婦でも夫が育児休暇を取れるらしい。
しかも4月生まれだと丸々2年まで取れるというではありませんか!!
まずは、無謀ながら希望を言ってみたというわけです。
しかし、よくよく話を聞いてみると・・・・なんと無給だとか。
社会保険庁に届け出れば、いくらかもらえるそうなのですが、無給となるとボーナスにも響きます。
これはいくら手伝ってくれる人が確保できるといったって、生活できないじゃないかぁ~

というわけで、結局有給を消化してGWまでの一ヶ月間をお休みするということでなんとか上司と話をしてくれていたのです。
(会社のみなさま、ご迷惑をおかけしていると思います・・・心より感謝いたしますm(__)m)

で、お腹に話かけたらいいということでしたので、

「7日か8日までにスルッポンと産まれてきてねぇ」
と語りかけていました。

ただ、5,6日は土日でもありましたので、まぁそこで出てきてくれてもいいかなぁという思いも出てきたため、
3月下旬あたりからは、

「4月に入って5,6,7,8日辺りでいいときに出てきてねぇ」
に変わってました(^-^)

さて、4月3日の夜のこと。
体重管理に完璧に失敗した私は、体重12Kgオーバーというもう1gたりとも増やせない状況の中ウォーキングに行こうと試みました。
しかし、なんかいつもと違う・・・・
歩くのが非常にしんどいし、お腹も痛いような・・・
家に戻ってしばらく様子をみてみると、ときどきキューっとお腹が痛くなるではあーりませんか!

「これはもしや陣痛!?」

間隔を測ってみると、10分のような15分のような。
しばらくしておしるしも!!
これはまさしく陣痛に違いない。と確信した私は病院に連絡を入れました。

こんなこともあろうかと、玄関にはいつでももっていけるように入院グッツをバックに詰めておいてありましたし、
電話の横には病院に連絡用のメモも置いてあったので、ここはまず余裕。


「ではこれから病院に来てみてください」

って話になり、車でレッツだゴー

病院についてみると、そのままLDRへ

内診してもらうものの、まだまだ子宮口は硬いし、3cmくらいしか開いてないとか。
一応様子をみるということで、そのままLDRにお泊り。旦那様は帰宅することになった。

NST(ノンストレステスト)のデーターを取りながらその夜が更けていったのであります。

朝になり、助産師さんから

「前駆陣痛だね」

とあっさり。

私自身もぜんぜん余裕の表情。

「なるべくよく動いてみて」

といわれて、一旦帰宅することに。

よぉし、それならば病院から歩いて帰るぞぉとばかりに、元気に片道50分の道のりを歩いて帰ったのでありました。

本当の陣痛が来ていたら、そんなことできるわきゃぁあーりません。

その壮絶さを知らないもんちは、桜がきれいだわぁなんてのんきにテクテク

途中ときどきお腹は張るものの、まぁ、どぉってことない感じで時は過ぎていったのでありました。

そう、これをフライング入院というらしい・・・            <つづく。>

生命は神秘だった・・・ [神秘]

長らくブログを更新できずいましたが、やっとパソコンの前に座れるようになりました。

この数日間は、これまで生きてきた中でもベスト1の壮絶な体験の連続でした。
詳しいこれまでの経緯はこれから徐々に書いていこうと思っています。
まずは、このブログを読んでくださっている方たちへの報告

4月6日午後4時12分

3485gの元気な女の子出産いたしました!![わーい(嬉しい顔)]

出産は自分の母親と似るといいますが、私も3460gで産まれたので母はさぞかし大変だったと思います。
大きく育ててしまったため[ふらふら]なかなか降りてこなかったりして、最後は吸引分娩になってしまいましたが、とにかく無事に産まれてくれて[ぴかぴか(新しい)]ホッ

私はというと、出血が多く一時貧血で安静状態でしたが、金曜日に母子ともに元気に退院することができました[exclamation×2]

現在は初めての子育てに翻弄されています(^^;)

「産まれてからが大変よぉ」
とよく言われますが、本当でした。
いや、出産の方が壮絶だけど、子育ては長く続くもんなぁ~
新米ママ、パパは日々あたふたしております。

そんな中、昨日出生届をして保険証をいただきました~[グッド(上向き矢印)]

なんだかいちいちうれしいなぁ[ー(長音記号2)]

名前は
「岡森 天音(あまね)」
と申します。

どうぞよろしくお願いします。

この子の人生を大きく左右する親としての役割をしっかり果たせますように・・・

080406_2052~01.jpg

産まれてすぐは多呼吸と言われ、すぐに保育器へ!!LDRの部屋で私はただ心配するばかりでしたが、数時間後呼吸が安定したということで、念願のカンガルーケアをさせてもらったときの一枚

390065.jpg
退院した日の一枚、だんだん浮腫みが引いてきてます。

080413_1332~02.jpg
H&Sひできんぐのお母様からのお祝いに、命名軸を戴きました~凄く立派!!


とうとう宝地図を制作してしまった!! [神秘]

今まで何度となく耳にしてきたのに、後回しにしてきたこと。

それは・・・

夢のボード作成。

未来の自分の姿やほしいものをイメージできる写真や文章をボードに貼り、日々眺めることで深層心理に入れ込んで、引き寄せるというもの。

面白そうだしいつか作ろう!って思ったまま、日々過ごしていくうちにもう何年も経ってしまっていた[時計]

先日、胎教でお世話になっていた教室の先生からお知らせをもらって、「宝地図」といわれる夢ボード制作ワークショップに参加してきた。

これから私の人生もさらに大きく動くだろうし、ここで自分の頭を整理する意味でもいい機会かなぁと思い、当日はp(^^)qわくわく気分

他に参加されていた方たちはご夫婦が多く、子供さんづれもいらしたりして、結構にぎやか~

最初になりたい自分のキャッチコピーを名刺代わりに名札に書いて首からぶら下げる。
私は、

「心を癒し、体を楽にする、声の魔術師^^}」

なぁんて書いてみた。(実際は具体的な方がなおいいらしい)

さて、宝地図の作成を前に、このワークショップが作られた経緯や、作成にあたる注意点などアドバイスをもらい、いよいよおのおの制作開始!!

無我夢中で自分の持ってきた写真を貼り付けたりしていたのだが、ふと周りをみてみるとみなさん個性的ぃ~

将来子供が舞台俳優になったらうれしいということで、宝塚や劇団四季の写真
仕事で大きな賞をもらっている写真(舞台の上で表彰されている姿)
素敵なリビングやキッチン
行きたい場所
家族で笑っている写真
スタイルばっちりの女性(ダイエットしたいそうです)

などなど
みてるだけでも楽しい(^ー^)

それぞれ思い思いの宝地図を制作して、発表しあって幕を閉じた。

さて、大事なのはそこから。
家に帰って、このボードを一番目に付くところに飾って毎日眺める。
75時間以内に何か行動を起こす。(この時間が大事だそう)

我が家では、廃車寸前の車がありどうしても買い換えないといけなかったので、欲しい車の写真をぼん![車(セダン)]
住んでみたいログハウスの写真[家]
貯蓄のイメージ画[銀行]
行ってみたい海外の写真[リゾート]
音楽の仕事のイメージ[カラオケ]
お宮参りで使う着物

などなど
080324_1115~01.jpg

そして、行動として
①リビングに貼る
②車に試乗しに行く

をやってみた。
すると・・・・

①私が七五三で使った着物が状態良く残っていることが判明!お宮参りで使えそう[右斜め上]
②希望の中古車を探してくれる知り合いを思い出し、お願いできた。

などなど早速具体的な効果が現われ始めた。

これはもともと私の頭の中にあった情報が、ただ単に現われてきたとも思えるのだが、どうしよう・・・と漠然と考えていたときには思い浮かんでもこなかったのである。
写真を眺めたり、日々そのことについて考える時間が増えたことで引き寄せたともいえる。

さらに、主人はたまに会うだけだった隣人とエレベーターで一緒になったときに、なぜか不動産の話になって、知り合いが一戸建てを売りたがっているという情報までゲット。

なんとも不思議なご縁だ。

願えば叶う

とは良く聞く言葉。

でもそれを本当に実践するには、願う頻度と程度が非常に大切なのだと実感。

このボードを作るにあたり、事前ワークショップで自分がここ数年でかなえてきた夢をリストアップしてみた。

2枚のCDの制作と発売
歌で賞をいただく
ディナーショーやカウントダウンの仕事ができた
いつも私を応援してくれるお客様ができた
信頼してくれる生徒さんがいる
子供を授かった(元気に産まれてね!)
眺めのいい部屋に住めた

などなど結構たくさんあって驚いている。
これらも、私の中で強く強く願ったことで引き寄せたものだと思う。

これからも欲張りに自分の夢、家族の夢をどんどん叶えていきたいなぁ~と宝地図を見ながらにんまりしているのであった。

あぁ鞍馬山 [神秘]

先日友人と鞍馬山に登って来ました。
ここは日本でも有数のパワースポットだそうですね。
鞍馬寺にはお参りしたことがあったのですが、そのときは本堂までたどりつくのにすでにへとへとになった記憶がありましたので、今回はさらに重装備でリュックスニーカータオルを首に巻いて・・・っと。

まずは、今大阪市交通局が出している鞍馬貴船1DAYチケットを購入。
京阪沿線に住んでいない大阪人が電車で鞍馬へ向かうには断然このチケットがお得です。
それで、出町柳から叡山電鉄に乗り換え、終点の鞍馬口で下車。
途中どんどん山の中へ入っていくのがなんとものどかで心地よい。
いよいよ鞍馬口で降りて、まずは天狗さまへ敬礼

美味しそうなとち餅やよもぎ餅のお土産を尻目に鞍馬寺の入り口へ

ここからケーブルカーで途中まで行くことも可能ですが、看板には、
「途中に由良神社もありますので、健康な方はぜひ歩いておまいりください」

と言われては行かざるを得ません。さっそぐGO
途中ゼイハーゼイハーすでにギブアップしようになるのをこらえて、なんとかお寺に到着!!!
ここですでにかなり山頂に近づいているように感じました。
周りの山々はすでに見下ろすくらい。
実は、あのBILLY’S BOOT CAMPを私も始めていて、この時点で1週間やり遂げていたのです。
それでもかなりキツかったってことは・・・これから行こうとしている方はご覚悟あれ!(^^)

さて、本堂に入って、お参りをしていると不思議とさっきまでの疲れがなくなっているのです。
さらに、本堂の正面に三角の印があり、その上に立つと太陽からのエネルギーが取り込めるような気持ちになってくるのです。
これで、新しいパワーを充電し、いよいよその奥へと足を踏み入れていくのでした。

山頂かと思っていた本堂はそんなはずもなく(-。-;)やっぱり登りが続きました。
二人ともほとんど言葉を発することもなく、ただもくもくとひんやりした空気に満たされた空間を乱さないようにしながら歩き続けました。
そしていよいよあの根っこの絨毯へと到着したのです。

ここは、岩盤が固く根っこが奥深く根を生やすことが難しいそうで、このように地表に出てきてしまっているのですが、それにしても生命力のようなものをビリビリと感じました。こういう光景がいたるところにあるのです。
牛若丸が修行したといわれる山だけあって、厳しさと険しさと荘厳さが入り混じった神聖な場所といった感じ。
いつしか下りに入ったものの、ひざにはこちらの方が堪えるようで、ガクガクいってきました。

どうやってこんな枝ができるのか・・・?とふしぎになるような光景が随所に見られるのです。
途中1,2箇所で湧き水が飲めました。とってもひんやりと美味しかった~。それでもペットボトルは持参されることをお薦めします。

さて、40分くらいで山を越えて貴船へと到着!!
貴船神社はちょうど七夕の飾りつけの真っ最中
私たちも短冊に願い事を書いて笹につけてきました。
そして、有名な水占い

買ったときは何にも書いてありませんが、水につけると

おみくじが浮かび上がってくるというものです。昔オレンジの絞り汁でやったっけ。(あ!これはあぶるんだった)

貴船から叡山電車の駅を目指したのですが、途中川床で食事でもと思ったら、どこも結構な値段。
ハイキング気分で来ていたのでそれほど手持ちもなく、二人とも結局素通り。
駅についたら売店の横にうどん屋さんが!!

ゆばうどんを頼んだら、湯葉でうどんが見えないくらいの豪華版(^^)
疲れた体を癒すこたえられないお味でした。
そこでとちもちも戴いたのですが、これがまた体に染み入る~
こうして、電車でまた出町柳まで戻ってきました。
そのまま京阪で帰ろうと思ったのですが、せっかくきたので出町柳の有名な豆餅(豆大福)のお店「出町ふたば」でお土産を買おうと地上に出たとたん。

(X X)
びっくりするような猛暑。鞍馬がいかに涼しかったか思い知らされました。
しかも、ふたばはお休み・・・・もう

ってなわけで、そのまま大阪へとすごすご帰宅したのでした。

思い返しても、あの本堂から山へとあがるところで感じたパワーはすごかった。
心がちょっと疲れたらぜひ体に汗かいて登ってみられたらいかかでしょう~
帰るころには少し元気になっているかもしれませんね(^-^)v



オーラソーマ [神秘]

みなこしゃんに教えてもらって、ネット上でオーラソーマカラー心理診断というのをやってみた。

四角いボトルの中に上下2層に分かれたカラーオイル?みたいなものが入っているもの。

みたことはあるけれども、実際に試したことはなかった。
だいだい選んだ色でその人の心理状態がわかるもんなのかなぁ~なんて思っていたので・・・

しかし、無料でできるというので軽い気持ちで、好きな組み合わせを4つほど選んでみた。
すると驚くべき結果が出てきてしまった。

1本目 「ソウル・ボトル」本来のあなた、人生の目的と可能性
2本目 「チャレンジ・ボトル」あなたn人生の課題やチャレンジ
3本目 「ヒア&ナウ・ボトル」あなたの今現在の状態
4本目 「フューチャー・ボトル」あなたの未来の可能性

こんな感じでそれぞれ選んだボトルから診断がくだされるのだが、
1本目では
・・・
芸術や音楽、言葉になどにおいて、独創的で洗練された表現能力があります。
またその人その人のレベルに合わせて教え導く才能を備えています。
人と人を結びつけるコミュニケーション能力にも優れていて、どんな場でも平和なハーモニーを創り出す素質も持っています。
・・・・

なんて出てきて、あら~まさにそれを仕事にしているなじゃい!?なんて驚き。

また4本目では、
・・・
特に言葉以外のコミュニケーション能力に優れているので、たとえばダンスや絵画、音楽などを通して、本来の創造性を発揮するでしょう。あなたは作品を通じて、言葉を超えた形で自らが心に抱いている平和への願いや希望を、多くの人々の胸に届けることができます。
・・・・

あら~うれしい。
というわけで、カラー診断もやっぱり人間の心理をよく研究した上でできているのねぇ~なんて、
感心というより歓心(^^)してしまった。

みなさんもぜひお試しあれ

http://www.voice-inc.co.jp/as/reading.html


早いもので・・・ [神秘]

先日の日曜日、早いもので母の一周忌がありました。
当日は親戚のみなさんにたくさん集まっていただい、無事に法要を終えることができました。
そのときの食事会では、故人に歌を送ろうかという話になり前日に家族で相談しましたところ、
去年の紅白で話題になり、大ヒットしている
「千の風になって」
が候補にあがったのです。
ちょうど、私はKOKO PLAZAが主催しているゴスペルワークショップでこの曲を取り上げ、
3声のコーラスアレンジをしてレッスンしていました。
というわけで、当日は子供3人でこのコーラスアレンジバージョンを聴かせることになりました。
土曜日は昼から夜寝るまで必死のパート覚えと練習にあけくれ、
いよいよ当日の食事会のさなか、最終確認をしてみなさんの前で披露となりました。
リハーサルまでは声が出てない!と指導することが多かったのですが、
本番では、二人とも本領発揮で非常に声が出て、私が逆に圧倒されるほどでした。
大人3人が汗かきながらの熱唱に温かい拍手をいただいた後は、
私の歌に合わせて小学生のいとこが学校で習った手話による「ビリーヴ」を披露。
これが素晴らしくて大拍手。
締めは、「You Raise Me Up」という感じでさながら宴会状態。
こんな一周忌でいいのかしら・・・?とはたと思いましたが、
音楽の好きだった母が仕組んだ芸だったのかも?なんて思ったりして。

土曜日の夜は満天の星空で、ベランダに出てしばし普段見えない小さな星を数えていました。
日曜日の朝はすっきりと晴れて小鳥がさえずりぽかぽか陽気。
しかし、お墓に行くと急にちらちらと小雪が舞い始めたのです。

「千の風になって」の2番の歌詞は

秋には光になって畑にふりそぞく
冬はダイヤのようにきらめく雪になる
朝は鳥になってあなたを目覚めさせる
夜は星になってあなたを見守る

これを実践しているよって言ってるような気がしました。
きっといつも忙しく父や子供達や兄弟達を見守っているのでしょう。
ありがとうお母さん(-人ー)


初日の出 [神秘]

今年の初日の出はいつもよりとっても神秘的でした。
白んだ空をじっと眺めていると、突然雲の切れ間から強烈な黄金の赤い丸が
ぐんぐんとあがってきました。
その光のグラデーションの神秘が私たちに歓声を上げさせるのです。
「うおぉ~っほぉ~」Y(^^)Y
自然のエネルギーは驚異的で力強い

さて年明けからFM cocoloをリアルタイムに、または録音してまで聴いてくださったというみなさん、
ありがとうございます。私の思いが十分にお伝えできたらいいなぁ~

そして仙台の新星堂、HMV、TOWER RECORDさんにポスターを持参いたしました。
新星堂さんのJAZZコーナーは強烈な高音質スピーカーが置いてあって、
かなり気持ちよい音が流れる隔離スペースになっていましたよぉ~


新薬師寺というところ [神秘]

夜7時半ぎりっぎりに車で細い道をくぐりぬけながらやっとの思いで到着したその場所は、
凛とした、という表現では物足りないくらい荘厳なたたずまいで私たちを見下ろしておられました。
足を踏み入れるのを躊躇してしまうほど、すっきりとした空気をかき乱さないように・・・とはいかず、
急いで歩を進めていったのであります。

随所に置かれた灯篭に目を奪われながら、落ち着かない感じで本堂への階段を登ると、
そこはもう別世界でありました。
真ん中に鎮座した本尊の薬師如来座像を眺める間もなく演奏が始まりましたので、さっそく席へ
横には十二神将 塑像が私たちを厳しく戒めるようなお顔で見ておられます。

うっわぁ~どうしたらいいの?

しかし、黒岩さんが登場してその渋いお声を発したとたん、会場の空気がふんわりと和らいで、
なんとも心地よい空間に変わったのを感じました。

自然と足がリズムを刻んで、ときにはこみ上げてくる涙をぬぐいながら、スージー節とその温まるMCに心を奪われておりました。
今年卒寿を迎えられるという住職さまもうっとりとその音楽に酔いしれておられるよう。
さっきからじっとどこかを見据えていたように感じた十二神将 塑像たちは、この状況を見守っているような風情。
さて、1時間半のステージも残りわずかになったころ、大好きなあの曲
WHAT A DIFFERENCE A DAY MADE(縁は異なもの)
のイントロが流れ始めました。私たちは大喜びで手拍子していると、なんだかスージーがマイクを私に向けるではありませんか!

ん?まさか

そして、1コーラスを歌い終えると、私を手招きするのであります。

えええええ(@@)(--;)(’ ’;)(><)あたふたあたふた
ものの2秒ほどしたでありましょうか、ええいっと席を立ってステージへ(*^^*)
なんと私の歌まで奉納させていただいてしまったのです。
しかし、スージーさま。あなたさまのキーは私にはちと低い(^^;)
いやっ、そんなことはなんのその、私はただひたすらに歌わせていただきました。
ええい!!!清水から飛び降りるとはまさにこの事。
あ~夢のような時間はさらりと過ぎていくのでした。

さて、そんな私をスージーはお客様に何度も紹介してくださって、この粋な計らいに私は感無量
(T T)
あっという間の1時間半でした。
結局100人超える人たちが集まってしまい、席は足りずステージのまったく見えないところにも
お客様で溢れておりました。
スージーは最後の2曲、その方たちの方へ向かって歌われたり、私たちの方へこられたりと大忙し。でもそれがなんとも優雅でちっともワタワタしたところがないのです。
さて、アンコールも終わりメンバー全員がステージを降り、お客様の帰りかけたそのとき、
私のそばに座っていた生徒さんが、

アンコールお願いします!!

と突然響き渡るほどの大声で叫んだのです。
それに触発されるように私たちもアンコール、アンコールと手拍子。
なかなか戻ってこられないスージーに不安になりながらも、でももう一曲聴かせてぇ~と祈りにも似た感情。
すると、スージーは困ったような照れたような笑みを浮かべて、ピアノの山下さんと二人で登場。

「じゃぁ、九州でのレコーディングの時に、その豊かな自然の中歌いたくなって急遽入れた曲
童謡3曲を歌います。」

とおっしゃった。
そのCDを私は札幌で朝一人練習の合間に聞いていました。
「七つの子」、「あかとんぼ」ときて、最後が「里の秋」だった。

これは、私が去年母の日のためのコンサートで歌った曲。
そして母のお通夜の夜中一人でそのコンサートのDVDを見ながら泣きじゃくった曲でした。

スージーもこの曲を自分のなくなったお母様を思い出して歌ったと言ってましたっけ。

もう涙が溢れて溢れてとまらなくなってしまいました。
そんなスージーコンサート。

終了してから本尊の薬師如来座像さまにご挨拶させていただきました。
そのお顔はなんとも愛くるしいのです(失礼)
本当にまん丸で無垢な表情に、安らぎと安堵感と希望を感じてうっとりとしてしまいました。
全部土でできているというその1200年の歴史を見てきた仏像さまたち。
http://www.k5.dion.ne.jp/~shinyaku/butzou.html
素晴らしい出会いにまたまた感謝の念

そして、スージーがなぜ歌うのか、そのコンサートに込められたメッセージをしっかりと受け止めたのです。
耳をふさぎたくなるような事件が多すぎる世の中、ひょっとしたら大人が泣けないのかな。
泣きたいときは泣いてもいいんだよ・・・と。
ありがとうございます。


心に張り合いを! [神秘]

最近なんだかぼんやりしていることがある。
調子が乗っているときは、駅まで歩くときすらなんだか身長が伸びたみたいに、
景色が違って見えるのに。
この季節、自律神経がこの変化の激しい気候に追いつくために必死で身体を調整してくれている
ので、心までは回らないようだ。

ふぅ~とため息。

楽しい企画がないわけではない。
先日神戸牛の超おいしいすき焼きを食べたし(また食べることかい!と一人つっこみ^^;)
もうすぐ黒岩さんとの貴重なレッスンを受けられるし(これ本当に楽しみ)
9月にはレコーディングもあるし(本格的なJAZZのCDになりそう・・・)
9月からは新しいゴスペル講座が始まるし(どんな出会いがあるんだろう~)

で、こんなときに私にエネルギーをくれるのは、やっぱり人。
昨日の亀田興毅さんの世界ライトフライ級王者決定戦。
これは、かなり泣けてしまいました。(T T)
試合は、確かに負けたか??と思うほど両者互角でしたが、
今まで見たこともない亀田さんの真剣で、きつそうな顔。
浪速のロッキー底力を見せてもらい、一緒に夢を見させてもらいました。
そして支える父親の涙。
世間という怖い波から叩かれて、あおられたり、倒れそうになったり、不安や自分に対する問いかけの連続だったのではないか。。とその心中を察する重いものを背負った感があった。

大きな感動を与える力を持っている反面、正負の法則で深い悲しみや傷を伴う。
これが人間であるってこと。
その覚悟を持ってあのリングに立った亀田家族が、私にエネルギーを送ってくれたのです。

ありがとう!!!!
おめでとう!!!!


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。