So-net無料ブログ作成
検索選択
ライブ報告 ブログトップ
前の10件 | -

ライブ、総会報告 [ライブ報告]

cafe Nationでの2回目のライブが無事に終わりました。
ライブの一週間ほど前にあった仕事で久しぶりにお会いしたベーシストのじんごろうさん。
今回のライブに来てもらえたらうれしいなぁとふっと思い立ち、だめもとでスケジュールを確認したら、
奇跡的に空いていて、急遽3人で演奏することになり、贅沢な二人とのライブが実現しました。
スマイルアゲインの募金も16915円集まりました。みなさん本当にありがとうございました。

話は変わって、スマイルアゲイン実行委員会をNPO法人にしようという動きがあり、最近その資料作りに奮闘しておりました。いよいよひな形が出来上がり、大阪NPOセンターに相談に伺って来ました。
しかし、結果的には今法人化するメリットがあまり見当たらないということで、しばらくは任意団体でいくことになりそうです。
しかし、一連の動きの中で一度主要メンバーでの会議を開こうということになり、昨日第一回目の
「311スマイルアゲイン実行委員会 総会」を開きました。
参加者10名による実りのある中身の濃いミーティングとなりました。

これから、私たちがどういう活動をしていくべきかが見えてきて、多方面からアイディアをたくさんいただきました。
被災地での音楽イベント、そして資金集めのチャリティーコンサートをどのように進めて行くのがよいかが、見えて来たように思います。

この活動に賛同してくださる会員を広く集めて行こうと思います。
HP上で告知をしますので、少しお待ちください。

音楽の力を信じている全ての方々が対象です!!




スマイルアゲインコンサートVol2 [ライブ報告]

続いて7月24日のご報告です。
ほぼ満席のお客様に迎えられた会場は、まさにエネルギーのるつぼでした。

小野市でご活躍されているうるおい民謡「芙蓉」さんのステージは、美しくまたやさしく、ときに力強く、一糸乱れぬ素晴らしいオープニングを飾ってくれました。

そして、挨拶に立った私は23日の想いも重なり、満席のお客様にもう言葉が出て来なくなってしまい、ぐだぐだの挨拶となってしまいました(T T)
そのままステージを後藤ミホコさんたちへ渡すと、23日以上に素晴らしい演奏を披露。
関西VOJAはお客様に飲まれたと言ってましたが、一生懸命歌ってくれました。

後藤ミホコさんのブログに写真と共に記事がアップされていますので、こちらもぜひご覧くださいませ

第二部、いきなり桶太鼓を担いだ金子竜太郎さんが客席から登場!!
お客様の心をわしづかみにしたのでした。
ステージ上では、太鼓やちゃっぱでお客様と会話している姿に感動。
お客様から笑いが溢れていました。
そして、メインイベント和太鼓と歌の共演「アメージンググレース」へと続きました。
今回打ち合わせで決めていたことは、3コーラス歌うということだけ。
リハーサルも含めて4回歌いましたが、毎回違うものになりました。
太鼓の音は私の声を乗せて、空高く高く連れて行ってくれたようでした。

フィナーレの上を向いて歩こうでは、客席と一体になって大合唱となりました。

Tシャツも、持って行った福島の物産もすべて完売。
支援金箱には48656円ものお金がはいっていました。
小野市、加東市、来てくださった全てのみなさん、そしてこのブログを読んでくださっているみなさん、本当にありがとうございました。

まだまだこれからです。まだまだ続きます。
日本の未来へ!!

スマイルアゲインコンサートVol1 [ライブ報告]

7月23日西区民センターにお越しいただいた全てのみなさんの大きな愛が、日本中を包んだ日。
本当に神秘的な一日でした。

コンサートには慣れているものの、運営となると抜けていることずくめで新しいことの連続。
区民センターのスタッフにお尻を叩かれながら、SHOWKOさんにフォローしてもらいながら、
ステージや流れについては中西くんにすっかり頼りになりながら、
終いには自分たちのステージについてもメンバーにお任せしながらの初日。

前日、千葉から車で機材と共に到着した金子竜太郎さんは、吸い込まれるような瞳をした人でした。
打ち合わせがてら食事をしながら、このコンサートの成功を確信した瞬間でした。

実は、スマイルアゲイン実行委員会の企画書を制作して、どういうコンサートをしようかと思ったときに、
浮かんだのが金子竜太郎さんでした。
私が信頼してやまない友人から、彼の話を聞いたときにいつかきっとご一緒させてほしいと思っていました。

すぐに快い返事をいただき、同時期にブライダルのお仕事などでお世話になったいた事務所の社長さんから、
チャリティーに興味を持ってくださっているミュージシャンがいると紹介を受けたのが、アコーディオン奏者の後藤ミホコさんでした。

どちらもまったくお会いした事も音楽を聴いた事もないお二方でしたが、23日のステージは私にとってまさに
「神業」
としかいいようのない、素晴らしいものでした。

そして、西区ならではのブース出店。
こちらは私はほとんどノータッチで、SHOWKOさんを中心に進めてもらいました。
西区を活性化する事。これが区民センターをお借りするときの条件でした。
コンサートだけでは得られないにぎわいと、笑顔の数々があちこちで生まれたのを目にしました。

そして、ボランティアスタッフとしても協力を惜しまなかった「響」「サンシャインガールズ」のみなさん

LA BARAKAとしてステージを盛り上げてくれたみんなには、もう感謝の言葉もない。
改めて、私にはこんなにも素敵な仲間がいたんだってことに気づかされたのです。
DSCF4121.jpg

ワークショップに参加して当日ステージを鮮やかな色に染めてくれたスマイルアゲインクワイヤーの33名の笑顔も最高でした。

キッズクワイヤーのみんなも、シーラさんを中心に未来を輝かせる素敵なパフォーマンスを見せてくれた。

本当に本当にありがとうございます。

チケットの売り上げ190500円
ブースと個人からの支援金箱総額 93983円

という結果になりました。
何よりも支援してくださっているみなさんに笑顔が溢れたこと、これこそスマイルアゲインのテーマ
そのまんま、東北へ持って行きたい!!



やしろ吹奏楽団のみなさんと!! [ライブ報告]

先週は土曜日、日曜日とコンサートがありました。
身体はいささかお疲れモードですが、心は晴れ晴れとしております。

その前に、金曜日は7月23日に出演してくれるLA BARAKAの歌人たちのリハーサルでした。
KOZ、ROCO、ひできんぐ、SHOWKOさん(キーボード担いで自転車で登場)、浜谷くん、京穂さん、みんな時間をやりくりして、忙しいなか駆けつけてくれました。
このメンバーで懐かしいSONZAIを歌います。
それから、GLEEというアメリカの青春ドラマからもおなじみの曲が!
さらに、この一連のコンサートのために書き下ろしたSMILE AGAINというオリジナル曲も登場します。
みんな、新曲だらけで大変だと思うけど、どうぞよろしくねぇ〜

そして、2日のBACK STAGEでは23日に先駆けてSMILE AGAINを歌ってしまいました〜
お客様にも参加してもらって、一緒に大合唱となりました!!

そしてそして、3日の「やしろ女声コーラス30周年記念コンサート」と続きます。
11時に現地に入ると、ちょうど女声コーラスのみなさんのリハーサル中。
平均年齢は多分??かなりだと思うのですが(^^;)
いつにも増して気合いが入ってました。
これは私もぼやぼやしてはいられません。
私の出番は、途中のゲストコーナー
なんと今回、私は初めて吹奏楽のみなさんとご一緒させていただいたのです!
一度だけリハーサルに伺ったのですが、生の吹奏楽団の音に圧倒されぱなし。
マイクありますよねぇ??
なんて確認したりして、心配になってきました。

当日、リハーサルよりもさらに人数が増えて、その音はもう大迫力。
ステージの前に立つと、そのゴージャスな音圧に包まれている感じでした。
モニターいりますねぇ」
私はさらに、心配になるのでした。

でも、みなさんはめちゃくちゃ優しいお顔で私にエールを送ってくださっているように勝手に思って、絶対にうまくいくと確信はしてました。

いよいよ、本番。
音響の方に、出番前に
「さっき、ちょっといじって聴きやすくなってると思いますので」
と言ってもらったモニターは、本当にばっちりでとっても歌いやすくなってました。
そして、満員のお客様に後押しされて、私はすっかり楽しくなってきました。
AMAZING GRACE、そしてTAKE THE A TRAIN
途中で、ストールがずれて来たので、えいっと外して振り回してしまいました(^^)Y〜
やしろ吹奏楽団のみなさんのリズムに乗っかって、ステージを楽しむことができました。
みなさん、本当にありがとうございました!!

またご一緒させていただきたいなぁ〜切に思いました。
貴重な体験でした。
バンドとはまた違った、音の波と渦。
これはなかなか体験できませんぞぉ〜
やしろ吹奏楽団ブラボー!!!

そして、忘れてはいけないのが、やしろ女声コーラスの歌声。
「山のいぶき」
という曲では私は涙が出て止まりませんでした。
私の母もかつてはコーラスをしていて、TVにも出演したことがあるんです。
なんだかふっとそれが思い出されて、美しい歌声に癒されたのでした。
みなさんおつかれさまでした。



駅カフェライブ [ライブ報告]

昨日、丸亀駅にあるカフェステーションさんにて、ライブを行ってきました。

到着してすぐ、貼ってある告知ポスターを見ると
「復興、未来へ Bridge over troubled water」
というタイトルになっていてびっくり。

この日のラストソングをこのタイトルにある曲”明日にかける橋”にする予定でした。

後でこのポスターを制作してくださった山口さんにお伺いすると、わたしのことを調べてくださったとか。
でもこの曲のタイトルはたまたまだそうです。

この日は実は募金箱を用意するのをうっかり忘れていて(^^;)、でもMCの中で、今進行している復興支援プロジェクトの話をしていると、お客様が立ち上がりごそごそと何かしているご様子が・・・
すると奥から大きな籠が現れて、あっという間にお客様にまわされたのでありました。
MCから一曲歌っている間に、その籠の中はお金でいっぱいになり、私の元へ。
あまりのスピードにこちらがまたまた驚いてしまいました。

みなさんの温かいご支援に感謝します。

カフェステーションライブでの義援金   22788円

本当にありがとうございました。
そうそう、このカフェステーションさんは、実は初めて丸亀でお仕事をさせていただいたときに、朝モーニングを食べた場所だったのです。
しかもその朝食は「さぬきうどん」
朝からうどんがメニューにあったのがうれしくってついつい頼んでしまいました。

日帰り高松駅で買ったお土産はやっぱり「なまうどん」でしたとさ。

るるぶ香川 高松 琴平 直島 小豆島’11~’12 (るるぶ情報版地域)

るるぶ香川 高松 琴平 直島 小豆島’11~’12 (るるぶ情報版地域)



電気新聞 [ライブ報告]

私、その筋の仕事してましたが、電気新聞というものの存在をあまり認識していませんでした。
ところが、3月3日のひなまつりの良き日に、初めて写真とともに記事が掲載されたそうです
Y(^^)Y ワーイ
なんかすごくうれしいなぁ〜

東北電力いわき営業所のみなさんのおかげですぅ

pic20732_h.gif

四国日帰りの旅 [ライブ報告]

先日2月20日は丸亀でイベント出演とジャズライブがあり、出張してきました。
移動手段について検討を重ねた結果、前日の仕事と月曜日の子供の保育園のことを考えて、
当日の朝高松まで高速バスで行き、帰りは高松からフェリーで三宮へ戻るという手段に決定!!
朝、7:50に三宮から乗車して、10:30ころには高松駅に到着できました。
明石海峡を渡るというのは、鳴門の仕事ではよく使うルートではあったので、行きはそれほど心配もなくスムーズにことが運びました。
ただ、帰りの船が0:50出発ということで無料のシャトルバスの停車場所を確認しておかないと不安だなぁと思い、高松についたとたんに場所をちぇっく。
いちまつの不安はあるものの、丸亀市へとむかったのでした。

今回のイベントは前回も呼んでいただいたラッツェラーズ主催のコンサートなのですが、なのといきなりの解散さよならコンサートだったのです。
メンバーの紅一点でアレンジも手がける私の友人なっちゃんが千葉へ引っ越しすることがきまり、泣く泣く解散を余儀なくされたのでした。

コンサートはたくさんのお客様の温かい視線に見守られながら、感動のライブとなりました。
110220_1428~010001.jpg
私も自分の出番を終えて、客席から最後の勇士をしっかりと見守りました。
とっても感動的なオリジナル曲にうるうる。
110220_1613~01.jpg

無事イベントを終えて、今度は夜のD’s clubのリハーサルへ。
新曲を増やしたので、綿密な打ち合わせの後少しだけ送別会の会場に御邪魔してまた戻ってきました。

するとそこに懐かしい顔が!!
なんとゴッチャで一緒に歌って来た仲間であるゆかちゃんが愛媛から来てくれてたのでした。
ゆかちゃんとは3年前にはりさんの結婚披露パーティーでの復活ゴッチャで一緒に歌って以来。
現在は地元でゴスペルグループを指導されているとか。
飛び入りでアメージングを歌ってくれたのですが、これが久しぶりのゆかちゃん節で感激!!
あっという間に時間が過ぎてしまいました。

それからまたちょっとだけ送別会の2次会のカラオケに参加して、いよいよ電車で高松へ。
0:00ころ駅に到着してそのままシャトルバス乗り場に行ってみると、意外や意外。
暗がりにたくさんのひとだかり。
そのほとんどが女の子でした。
一人とかグループとか。
なんだかほっとして、そのままの勢いでフェリーについたらまっさきに女性専用フロアの和室に陣取り。
さっさと横になりました。
途中何度も目が覚めて熟睡できたのかは不明ですが、4:30の到着を知らせる音楽で気がついて、5時にはポートピアに到着しました。
そこからは駅まで徒歩15分で歩いている人もたくさんいましたが、私は200円のバスに乗り込み駅へ
5時台はそんなにたくさん電車はないものの、7時前には無事に自宅へ到着することができました。

一度体験してみると、もう怖いものなしで、次回もフェリーで帰るぞぉ〜と意気込んでいるもんちでした。


スイーツコンサート終える [ライブ報告]

福島県いわき市でのママのためのYuiスイーツコンサートが無事に終わりました。

三部構成で行われたこのコンサートには、無料ご招待のお客様が110人ほどお集りいただきました。
大きな円卓を囲んで、途中にはお皿にてんこもりのスイーツとお茶が出て、しかも託児室もあるといういたれりつくせりのイベントでした。
東北電力株式会社いわき営業所独自のイベントということですが、今年で3回目だそうです。

司会者はFMいわきのDJ BETTYさん 私は、夏に帰省したときに花火大会で司会をなさっている姿を拝見したのですが、直接お話させてもらってもとっても気さくで話が止まらなくなってしまいました。

名倉くんに大阪から足を運んでもらっていつもの雰囲気でコンサートができたので、私としてはホットしているのですが、なんとピアノは98歳!!1000万ほどするものすごくいいグランドを準備していただいて、その音にさらに気持ちが盛り上がりました。

一部は世界を旅しようというテーマで、あちこちの国で産まれた曲を歌ってみました。
二部は子育て自分育てをテーマにしたトークショー
三部は宇宙を感じようというテーマで、目にはみえない世界を歌ってみました。

たくさんの質問がよせられ、全部は応えきれなかったので、ここでも少し紹介したいと思います。
                  
・ 超高齢出産をされたという事ですが,そんなふうに見えないくらいおきれいですが,キレイを 保つ秘決はありますか?

(も)人前に出るチャンスをたくさん持つといいと思います。買い物でもいつもスーパーを時々デパートに変えてみるとか、おしゃれをする機会を作るようにすると刺激になっていいかな。
その日の疲れはその日のうちに取るということで、サプリメントやアロマのマッサージオイルも活用しています。

・ 仕事と家庭の両立で心掛けていることは何ですか?私も40歳で出産し現在2歳のかいじゅう(男の子)との戦いの毎日です。お互い楽しく子育てしたいものですね。

(も)同じ境遇の方ですねぇ〜うれしい!!
仕事から帰って来たらスキンシップをたくさん取るようにしています。
「○○がいい子にしていてくれたから、お母さんたくさんお仕事できたよ。ありがとう」
といって抱きしめるというのが日課です。
                  
・ 忙しい毎日の日々をどのように自分なりに過ごしているかなどアドバイスや参考になることがあれば教えてほしいです。

(も)自分がホッとできる時間を少しでも持つようにしています。
自分を大切にするということがずっとできなくて、それが気がつかないうちにこころのストレスになっていたことに気がついた瞬間があり、それからは、家の中がひっくり返っていても、今だ!と思ったら子供を送ったあとでカフェに寄り道したりして、日常を忘れる瞬間を作ってます。
    
・ お子さんが小さいようですが練習はいつやってるんでしょうか?

(も)仕事で出たときに合間にやったり、子供が幼保育園に行っている午前中に集中してやります。たまに寝かしつけしながら、歌詞を覚えたりしてます。

・ お子さんに親が歌ってあげると自然に音程がとれるようになるのでしょうか?(おんちになる確率は少なくなるのでしょうねぇ~)

(も)まだ娘の結果が出てないので音程に関してはわかりませんが、本によると親の歌唱力が子供の聴音に影響を与えるということがあるようです。ただ、たくさん歌ってあげれば歌の好きな子供になってくれることは間違いないように思います。なにより歌うって楽しいからその気持ちが伝わりますよね。私は娘が言うこと聞かなかったり、ぐずって来たら、“節”をつけて歌って踊って気持ちを切り替えさせてます。

などなどたくさんの質問が質問箱に入っていました。ありがとうございました。
この詳しい模様はいわき営業所発行のエネコミ通信にて後日紹介されるそうです。

ということで、非常に盛り上がった素敵なイベントでした。

岡崎コロネットクワイヤ [ライブ報告]

愛知県岡崎市にこの2ヶ月ばかり縁あって通っていました。
東京VOJAが行う12月5日のコンサートに先立ち、それに参加する一般クワイヤを募集していて、
そのワークショップ講師をしていたからなのです。

今回は募集開始日の午前中にはほぼ定員に達してしまい、募集を打ち切りキャンセル待ちまで出ていたという相当に人気のWSのようでした。
初日行ってみなさんの顔をみて、納得。
ゴスペル経験者も多く、みなさん何かをつかむぞ!というやる気に満ちていました。
これは私もうかうかしてはいられません。気合いが入りました。

しかし、ぴりぴりという感じではなく、岡崎のみなさんはなんだか関西にも似たノリが感じられ、
とにかくみなさん明るいのっ。
振り付けなんかも恥ずかしがらずにおもしろがってやってくれるので、とっても楽しかったのです。

そして、あっという間の数回のレッスンと本番が終わり、みなさんとお別れという時に、
101205_2059~01.jpg
こんなすてきなお花と
101205_2058~02.jpg
色紙をいただきました。
帰りの新幹線でじっくり読みながら、涙があふれて止まりませんでした。
こちらこそみなさんに元気をもらったよぉ〜と思いながら。

英語の先生やら、声楽をやっていたという方やら、他のクワイヤで頑張っている方やら、子育てが一段落して自分の時間を持ちたいという方、民謡経験者、介護の傍ら、子育て真っ最中のママ、家族と一緒に参加、娘さんに勧められて、などなど下は11歳から上は6?歳までいろんな老若男女が一つになって歌声を高らかに響かせてくれました。
その詳しい模様は関西VOJAのブログをご覧ください。
http://kanvoja.exblog.jp/

みなさん本当におつかれさまでした。
またぜひお会いしましょう!
素晴らしいプレゼントをたっくさんありがとうございました。

咳と共に歩んだ11月が終わる [ライブ報告]

11月は私にとっての大切なイベントが3つもあって、とっても気合いが入っていたのに、
不覚にも風邪菌が侵入してきて、大事なのどと肺を直撃してきたのです。

丸亀に移動する車中、ずっと飴ちゃんをなめてベロがおかしくなりつつ、
マスクしてひとことも口をきかず、午後3時にピアニストのみっちゃんと合流し、
彼女の家でいよいよリハーサル開始となると、やっぱり声がカスカス・・・
これははじまっていらいの大ピンチ!!
一応やる曲を通して、打ち合わせもして「はぁ〜」と行く末を案じていたところ、彼女がお手製の
チャイを入れてくれたのです。
これがジンジャーが効いててとっても美味しい
なんだかちょっと元気になってきたぞぉ〜

本番までまたひたすら飴をなめながら、おしゃべりをせずで、とうとう本番。
ほとんどのお客さんが私の歌をはじめて聴くとあって、どなたも私が本来どんな声がご存知なかったのが、是幸い。
しんどそうですね。とか
のど大丈夫ですか?
とか聞かれることもなく、しかもみなさん大絶賛してくださったのです。
音楽の神様が降りて来てました」
なんて言葉をいただいたりして、私がびっくり。
もしかして、この状況に見るに見かねたミューズが本当に来てくださったのかも。

でも、気合いはやっぱり一日しかもちませんでした。
翌日の仕事は本当にいよいよまったく出ず、いつもはソプラノなのに全曲アルトにさせてもらい、メンバーにすっかり迷惑をかけてしまいました・・・

それからずっと咳が止まらず、声はかすれたまま。
さすがに無理したのがいけなかったのでしょう。
20日の知恩院では私のパートはテナーですので、まぁ功をそうしておっさん声でいけたのはいいのですが、MCがひどい状態でした。
お聞き苦しかったことと思います。

そして、バックステージでのライブ。
ベースの中村さんにはプロは歌ってるときに咳なんて出るはずがないもんや。
といわれ、果たしてどうなるか・・・不安でしたが、聞きに来られてた生徒さんから
「先生、風邪だったんですか?ぜんぜんわからなかった」
と言われました。ほっ。

まぁそんなわけで月日は流れ、もうかれこれ3週間たつ今となってもやっぱり咳が止まらない。
出だしたらごほごほとタンが絡んだ感じ。
周りのみなさんが心配してくださり、私もついに意を決して病院へ行きました。
というのも、天音が産まれてから未だに卒乳が出来ていなかったため、薬が飲めなかったのです。
しかし、このままでは12月の仕事にも影響がでかねがいということで、肺のCTやX線、血液検査までやってもらうことにしました。
そして抗生物質も1W効くというやつをぐいっと飲んでしまいました。

天音には薬を飲んだからと説明すると、一日目こそぐずって泣いたものの、翌日からはあんがいあっさりと寝てくれるようになり、拍子抜け。

それはさておき、検査結果は明日出ることになりました。
ただの風邪であってくれ〜!!!

前の10件 | - ライブ報告 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。