So-net無料ブログ作成
レッスン ブログトップ

日本語 [レッスン]

今、ちょっとJ-POPを物色している。
というのも、先日話したヴォイストレーナーの先生からJ-POPを2,3曲用意しておいて!と言われたから。
もともとシンガーソングライター志望であった私ですので違和感はないのですが、自分が歌うという視点で曲選びをするとこれが悩むわぁ。

と、TVの”SONGS”という番組で竹内まりあさんの新しいアルバム「Denim」が特集されていた。
特にすきでも嫌いでもない歌手さんでしたが、なんとこのお方50歳を迎えられたとか・・・
なのに、あのスレンディーなバディにピンと張った肌!かわいらしい雰囲気!!!!!!
私は、すっかりノックダウン状態でした。
彼女の歌う「人生の扉」という曲は、世の頑張る女性たちにも共感される素晴らしいメッセージが込められていました。
今までの影での努力を想像すると、私は自分を恥じましたね。(--)反省ザルです。(良く変身しますが・・・)

なんしか、私は今J-POPに注目なのですが、昔の曲から現在までいろいろ探すのに、YAMAHAのパソカラ放題を使ってます。
中島みゆきさん、小田和正さん、スガシカオさん、コブクロさんは本当に感心するほど歌詞が素晴らしいですねぇ。
今、ピックアップしているのは、ユーミンのカンナ8号線。
これってなかなかの名曲です。1970年代の曲ですがね~



札幌の夜は更けて・・・ [レッスン]

そして、最終日いよいよ今日で合宿終了
午前中に復習をしていると、足が猛烈に浮腫んでいることに気がついた。
連日の緊張感と睡眠不足に少し疲れ気味・・・
これではせっかくのレッスンが思う存分受けられないのではっと思ったわたしは、
早速すすきのへでかけて行き、足つぼマッサージを受けることにしました。
運良くいい感じのところを発見して、さっそくお願いしました。
「硬いですねぇ~」
と足のつぼをプッシュしながら言われてしまいました。
「えええ、痛いです(-。-)かなり」
という会話を続けていてもしかたないので、わたしはDAY BY DAYというお店と黒岩さんについて
早速宣伝したのであります。
ジャズとはあんまり縁がないという女の子でしたが、行ってみたいですぅだって。
ほんまにいってや!

さて、1時すぎにお店へ到着して、またまた山下さんにお願いして復習をしていると、
黒岩さんがゆで卵を持参してご登場!!
さすがにゆで卵は塩でしたが、北海道ではかなりマヨラーが多いことが判明。
お店の突き出しは野菜スティックなのですが、カレー味のマヨネーズがついてきます。
じゃがいもにもバターではなく、マヨネーズ
(バターかけた上に塩辛とあわせて食べるというのも美味しいらしいですが・・・)
閉店後にみんなでお疲れ様の一杯を飲むときもレタスにマヨネーズをつけてはりましたわ

そんなこんなで、レッスン再開!!!
なんしか10曲見るという目標があったので、二人とも必死です。
そして気がついたら4時すぎていました。
「ラーメン食べにいくか!」
そこに天からの声がっ。行きたい!!!食べたい!!!!札幌ラーメン(~~)


というわけで、むふふ。お奨めのラーメン屋さんへLET’S GO~
ここの味噌ラーメンはちょっと濃厚。トッピングに茎わかめというのがあって、これがヌルトロ合う!

芸能人のサインが一杯ありましたわっ。

さてお店に戻ってしばらくすると、昨日来店していた岩井さんからメールが・・・・
「今日歌うの?」
じつはお店は日曜日お休みなのですが、黒岩さんのご配慮で日曜はわたしをゲストに迎えての懇親会みたいなものをお店で開く予定にしていたのです。で、DAY BY DAYのスケジュールにはわたしの名前がしっかり印刷されていたわけです。
しかし、金曜日の打ち合わせとレッスンの後、日曜は終日レッスンにしようと提案があり、(たぶん間に合わないと思われたのでしょう^^;)その懇親会はキャンセルとなっていました。
岩井さんには申し訳ないのですが、今日はレッスンデーになってしまったのです。
と返したところ、お一人で札幌にいらっしゃるとのこと。
早速黒岩さんに伝えると、じゃぁ呼ぼう!ということになり、しばらくして岩井さんご登場!!
ビールを飲みながらのレッスン鑑賞となりました(^^)

さて、そろそろレッスンも佳境に差し掛かり、最後に全曲録音してみようということになりました。
どうだったかなぁ~。まだ自分のものに全然できていないわたしは頭がパニック(@@)
ただただ、集中して歌うのみ。
時には頭を抱えて、時には悲鳴をあげならが、なんとか10曲を歌い終えたときには、
10時半になっていました(--)

でも、終わった!!!!!!!!Y(^^)Y
黒岩さんとハグ、山下さんとハグ
尚美姫、岩井さんともにこの状況に感嘆の声
みんなで一つのことをやり遂げたという達成感と妙な親近感が生まれていたのです。

そのまま打ち上げをして、黒岩さんの40周年記念ライブのDVDを見せていただきました。
森の中で歌うというコンセプトで、真っ白な衣装と花畑のようなステージングがマッチした、
贅沢なコンサートでした。(花屋さんのお友達からの贈り物だったそうですがゴージャズでした)
多彩なゲストに黒岩さんのお人柄がにじみ出ているのですが、最後にゴスペル隊が登場

「彼女は演歌歌手としてデビューもしているのですが、知的障害の子供達を集めてパン工房をされていて・・・」
「え?これってかもめ?・・・・・」

そう、両親が買い求めたセカンドハウス(福島県いわき市で母の実家のすぐ近くです)のお向いさんで、白い三角屋根でおなじみのかもめパン工場は、演歌歌手の岬 花恵さんが私財をなげうって作られた知的障害者の支援施設。
わたしが母と一緒に初めて訪れたときには、みんなの前でアメージンググレースを歌ったのです。
そのときに岬さんからCDをいただいたり、施設を案内していただいたり。
わたしが実家に帰り朝の散歩をしていると、彼らが一列になって工房へ向かうのに出くわしたりします。元気一杯の声で「おはようございます」の挨拶を交わすなんともかわいい彼らなのです。
そのみんながステージにいるではありませんか!!!!
札幌ですよ~(@@)目がまんまるです。

なんと黒岩さんと岬さんはお友達なんだとか。
パン工房へもいったことあるとか。
40周年の記念コンサートに呼んであげたくて、バス代は黒岩さんが出されたそうです。

なんてご縁なんだぁ~

やっぱりこれも母が引き合わせてくれたのかな・・・
考えてみれば、葬儀が終わり家族でひっそりと夕飯を食べていたまさにそのときに
神戸ジャズボーカルクイーンコンテストの一次審査合格の連絡がきたのです。
そして、それに出演したことで黒岩さんとお会いできたのですから。
(-人-)ありがとう

CDを作って、もっと自分のレベルを上げたくてコンテストに挑戦して、賞をいただいたらますます苦しくなって、どう歌ったらいいのか、何が自分なのかわからなくなって、ライブすることが怖くなっていたわたしに、もう一度歌うことの楽しさを教えてくれたのは、紛れもなく黒岩静枝さんです。
リズムを取るのに身体を動かしてみて、みんなで踊りながらステップを踏んでみて、どんどん心まで軽くなるのを感じました。
そして、歌詞の心とリズムを声で表現することの面白さを知りました。
入り口に立てた!!そんな気持です。

さて、月曜日はバックステージでのレッスンがあり、朝一番の飛行機に乗るにあたり、せっかくですので飛行場で朝ごはんをいただくことにしました。

札幌のジャズ合宿の締めくくりは、いくら丼!
むふ。うんまかった(~~)なぁ

関空に到着して急いでバックステージに向かい、レッスンを開始してみると、生徒さんたちから
「黒岩さんが乗り移っているみたい!」だって。
自分がレッスン受けた内容を偉そうに言っているもんちでした(^^;)

そんな黒岩静枝さんについてもう一言
ジャズ評論家として知らないひとはいないというくらい有名なあの岩波洋三さんが自身の著作で紹介している、お好きなジャズボーカリストには(日本人は4人しか上がってませんでした)
美空ひばりさん
石原裕次郎さん
と並んで
黒岩静枝という名前が並んでいるのです。DAY BY DAYにも聴きにこられるとか。

そんな日本人としては貴重すぎるくらい本物ボーカリスト黒岩静枝さんのコンサートが関西でも聴けるのです!!
9月26日奈良 新薬師寺 夜7時から
http://www.k5.dion.ne.jp/~shinyaku/gyouji.html
この国宝に囲まれた本堂でただ一人コンサートを許されている人が、黒岩さんなのです。
去年みられたお客様の中には、観音様が踊っているようにみえたとか・・・
非常に狭いスペースで100人限定神秘的な空間での癒しライブを体験してみられたらいかがでしょう?

9月27,28日 大阪弁天町 ベイタワーホテル 7時~、9時~の2回(入れ替えあり)
http://www.osaka-baytower.com
スカイラウンジで満天の星空のような夜景を見ながら、ジャズのとりこになる夕べ

そして、北海道のフジテレビ系放送局では昨年黒岩さんのドキュメンタリー番組を放送しました。
このビデオを拝見したのですが、音楽に向かう姿勢が凛としてくるような、頭が下がる内容でした。
あまりのお忙しさに倒れられて、ステージの途中で救急車で運ばれたことも!!
それでも地元高校生と「ジャズやるべ~!」って声を掛け合う姿には、底知れぬパワーを感じます。

みんなで出会いにいきませんか?


KOKO PLAZA ワークショップ開催 [レッスン]

今日からはじまりました。ゴスペルワークショップがっ!
どんなメンバーが集まるのか、ドキドキワクワクは参加しているみなさんと一緒。
そして、蓋を開けてみると、それぞれがそれぞれの人生を生きながらも、
交差してきた14名の新顔たち。
もし、申し込まなかったら絶対に出会うはずがないかもしれないほど、
仕事も住んでいる場所もバラバラのみんなが、声を合わせている。
半分くらいは初心者でも、発する声はただものではない。
力を抜いて、自然に伸びやかに。

参加した理由が、普段声が小さいと言われるので・・・と言っていた人たちも、
どんどん引っ張られるように遠くへ声を飛ばしていました。
なんだかわたしもうれしくなってきてしまいました。(^^)

この初々しくも、侮れない、メンバーたちとまだ合流できるチャンスがありますよ!
21日のレッスンまで追加参加OKだそうです。

そして、わたしは明日から札幌でJAZZ合宿。
3日間どっぷりとJAZZに浸かります。
まず最初は曲選びから。
自分が何を伝えたいのか、どういう音楽を作りたいのか、なぜこれを歌いたいのか、
普段、なんとなくやり過ごしてしまったことをじっくりと考えられるなんて、
なんて贅沢!!!!
この時間を捻出するために協力してくれた周りのみなさんに、ただただ頭が下がります。
そして、この機会を無駄にしないように心して過ごして参ります。
ではいってきます!


黒岩静枝さんのレッスン [レッスン]

あぁ~(~~)本当に素晴らしい出来事でした。

火曜日から始まった黒岩さんのレッスン&ライブイベント
逆瀬川のバックステージがこれぞ本当のジャズ!!!に包まれました。
第一日目は、チサンホテルに黒岩さんとピアノの山下さんをお迎えにいって、
逆瀬川へGO!!
関西第一号のレッスン生はなにを隠そうこのわたくし(^^)でありました。
まず電車の中で、Goody Goodyをいつもどんな風に歌うの?という質問が。
「♪So- you met someone~♪」
「ん~。まずそこが違うねっ」
「え??」(@@)
「時間もったいないから移動中からレッスン始めるよ」
「は、はい」

バックステージに入り、早速レッスンが始まると、もう最初の入り方で
「ちが~う!!」
「それじゃ演歌になっちゃうよ」
の連続。出だしでいきなりつまずき、その繰り返し。
黒岩さんのレッスンスタイルは、生徒が歌うのを聞いてコメントするという形ではなく、
ほとんど一緒に歌うというもの。
なんだか黒岩さんと一緒に歌っているとできたような気になるのですが、
「んじゃ一人で歌ってみ」
といわれて、やってみると・・・また
「そうじゃないでしょ」
って。
それの繰り返し。(--)

ノリ方、リズムの感じ方、フレーズ、歌の意味。
どれもこれも目からウロコがぱらぱら~と落ちるようなコメントそして実践。
あのレッスンを5人もやったら黒岩さんの方がくたくたにならないかな??と心配になるほど。
でも、レッスンするほどにエネルギーが増すという感じで、圧倒されっぱなしです。

次に私が普段教えている生徒さんも受けたのですが、それを見ているだけでもすごい刺激!
これはやっぱり3日間いてもらうことにしてよかった~とつくづく思ったのです。

今日はライブ、そして明日はワークショップがあります。
どちらも後2,3人のみですが入れそうですので、迷っているなら今すぐGO!ですよ~


声を出すことについて [レッスン]

朗報です。
この9月から新大阪のKOKO PLAZAにおいて、初心者むけにGOSPELレッスンが始まります。
3ヶ月レッスンして、12月にはボランティアライブも行われます。
久しぶりに港以外のゴスペルレッスン。非常に楽しみです。

声を出しておもいっきりみんなと歌ってみたい!!!!!
この喜びというのは味わった人にしかわからないものがありますよね。
私は某音楽スクールのVT(ボイストレーニング)の授業でもよくGOSPELやデュエットの曲を取り上げます。
そうすると、今まで発声のレッスンでは蚊の鳴くような声しか発していなかった生徒が、
レッスンが終わった後もみんなと休憩室ではもっていたり、
急に主張のある声になっていったりするのを目の当たりにします。
自分の声と誰かの声で音楽を作るっていうことの楽しさですね。

バンドをやるようなものですが、声の共鳴っていうのは楽器との共鳴とは違う何かがあるようです。
私がコーラスをやめられない理由はそこにあるんですよね。
自分の声だけでは絶対に不可能な声のハーモニーをリアルタイムに生み出せる。
その瞬間に一緒に歌っている人たちと心が通じ合ったような、一体になったような感覚になります。
話べたな私には???非常に有効なコミュニケーション手段です。(*^^*)

さて、そんなわけで一人でも多くの方にそんな体験をしていただけるお手伝いができることもうれしいのですが、今回はさらにボランティアライブを行うということも楽しみな企画なのです。
誰かを楽しませるというのは単純なことではありません。
自己満足にならないように、でもこびるわけではありません。
歌うことに対する思いが非常に大切になってきます。
GOSPELとは、そういうピュアな気持にぴったりと沿い、会場全体の空気と心に振動を起こすことができる音楽の一つです。
それを用いて、何か記憶に残る音楽の祭典ができれば幸いです。

9月からKOKO PLAZAにてのレッスン、ただいま受講者募集中です。

http://www.kokoplaza.net/

みなさんの笑顔に会えるのを楽しみにしています。


港キリスト教会 [レッスン]

来る12月10日は、朝潮橋の「港キリスト教会」のクリスマスコンサートです。
私がこの教会を借りてゴスペルのレッスンをはじめてから、早4年。
去年はミニCDを製作し、今年はたくさんのイベントに出演。
一年ごとに成長していっている、頼もしいクワイヤです。
そして、今年のテーマは「絆」
メンバー同士、教会の人たち、ライブに足を運んでくださったお客様。
たっくさんの絆が強く強く結ばれることを願って!
今、ライブに向けて一生懸命頑張っているのです。
この教会は信者さんのものだけではなくて、誰にでも広く使える公共の場です。
居心地のよいスペースですので、みんな気軽にお越しくださいね。
ライブの詳しい情報は港キリスト教会のHPで
http://www.pbyk.net/minato/gospel/index.html


レッスン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。